よくある質問

なぜ、検査が必要なの?

どんなに経験を積んだ医師であっても、正しい情報が把握できずして、正しい診断はできません。正しい診断ができなければ、最適な治療が行えないのです。

つまり、あなたの病状を正しく理解し、最適な治療を行うためには現状を確認させていただく『検査』が不可欠です。 ご手数をお掛けしますが、非常に大切なプロセスですのでご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

虫歯にならない方法はありますか?

虫歯を作る環境になってしまう要因はいくつかあると思いますが、個人差があり全てを自分でコントロールすることは難しい場合があると思います。
検診でお口の中の問題があれば早く見つけ、健康を守り、病気にならないようにするということが理想的と思います。

 

1日3回磨いているのに、歯茎から血が出ますが、歯茎が悪いのでしょうか?

ブラッシングが不十分なため歯肉が腫れている場合もあり、歯周炎が進行している場合もあります。
歯並びが悪く清掃困難になっている場合もあるため、歯科医院を受診されることをお勧めします。

 

口臭が気になります。ガムを噛んだり、うがいをしていますが消えないように思います

口臭は、生理的なもの、内臓疾患からくるもの、心因性のもの、お口の中の歯垢や虫歯が原因のものがあります。
ガムを噛んだり、うがいでは一時的に改善することもあります。

 

おすすめの歯ブラシや歯磨剤はありますか?

多くの種類の製品が販売されていますのでその方にあった歯ブラシの硬さ、大きさ、歯間ブラシのサイズや使い方は、歯科医師や歯科衛生士がアドバイスすることができますのでお気軽に相談してください。

 

痛くない治療はありますか?

虫歯の大きさや歯肉の状態によって治療法の選択は変わります。
できるだけお痛みを感じさせないよう心がけています。

 

治療内容について質問したい事があっても、なかなか聞きにくいのですが・・・

歯科医師だけでなく歯科衛生士さんやスタッフの人に気軽に声をかけてもらっていいですよ。

 

小さい子供がいるのですが、泣いてしまわないか心配です

お子さんにより治療ができるできないの差はあるのですが、なるべく無理強いはしないよう心がけています。
保護者の方の協力を得て治療できるようにしています。

 

虫歯の治療をするためには、必ず銀歯になってしまうのですか?

虫歯がある程度進行して、残された歯の状態からみて被せないといけないことがありますが、銀歯以外にも治療法がありますのでご相談下さい。

 

タバコのヤニやコーヒーの茶渋のようなものは取ってもらえますか?

歯を削らずに取り除くことができます。

 

私の歯を白くすることはできるのでしょうか

その方の残っている歯の状況によって削らずに白く(ホワイトニング)することができます。

 

親知らずは抜いたほうがいいのですか?

歯肉の中に埋まったまま虫歯になっていることもありますから、どういう状態かをお調べした上で判断します。

 

若くても歯周病になるのですか?

20代前半の約70パーセントの方のお口の中に、なんらかの所見がみられるという厚生省の調査結果がありますので、なる可能性は高いと思われます。