治療ポリシー

当院では患者さんとのコミュニケーションを何よりも大切に考えております。

cmn-img-01.png

治療期間が長く、いつ終わるか分からない

専門用語が多すぎて理解できなかった

痛くない歯を先に治療された


など、歯科医院でこんな思いをされた方も少なくありません。

そこで当医院では、実際に診療を始めさせていただく前に、あなたのご心配事ご希望をじっくりお聞かせいただき、出来るだけ快適かつご要望に添った診療を心掛けてきたいと考えております。

 

治療・予防計画のご提案

以下の「検査」の結果をもとに、 あなたのお口の中の現状をお話した後、いくつかの治療プランをご提案します。
あなたのお考えをじっくり伺った上で、治療を進めていきます。

検査の種類と、その目的

1.レントゲン(パノラマ)撮影

kensa-img-01.jpg

見た目だけでは分からない位置にできているむし歯や、神経の状態などを診査します。

また歯を支えている骨の状態、歯周病の進行状態を確認するために、お口全体のレントゲンを撮影します。

 

2.口腔内(お口の中)の撮影

kensa-img-02.jpg

現状の写真を撮影し、実際に患者さんに見ていただきながらお口の中の状態をご説明します。

また、歯科医師、歯科衛生士が写真をもとに治療計画や経過を判断する参考にもさせて頂きます。

 

3.顕微鏡による、歯周病菌の確認

kensa-img-03.jpg

人が歯を失う2大原因の一つに「歯周病」があります。

あなたのお口に潜む歯周病菌の数や種類を、実際に顕微鏡であなたと一緒に確認していきます。

 

4.歯茎の検査(ポケットチェック)

kensa-img-04.jpg

目盛りのついた器具を使って、歯と歯ぐきの溝の深さを測ります。

炎症や腫れがある場合は、出血を伴ったりウミが出たりしますので、その有無と部位を確認します。

 

5.スタディモデル(石膏模型)

kensa-img-05.jpg

模型を作り実際のお口の中を再現し、歯並びや噛みあわせの状態を調べます。

またこの模型をもとに治療方針や入れ歯のデザインなども決めていきます。(必要に応じて)

 

できるだけ痛くない治療

itakunai-img-01.jpg

皆さんが歯医者にもっているイメージは・・・
「歯は痛いけど治療が痛いのはもっといや」
「治療は痛い思い出しかないから、歯医者にはできるだけ行きたくないな」
こんなイメージではないでしょうか?

はしもと歯科医院は、患者様にとって一番有効な治療はなにかを考えるようにしています。
麻酔などでできるだけ痛くない治療を心がけています。

 

 

治療の流れ

カウンセリング.png

症状により応急処置

↓ 

症状により応急処置.png

治療方針のご説明(治療プランご提案).png

 

治療開始.png

 

治療終了.png

 

メインテナンス(定期検診)へ.png